食事制限ダイエットの基本は?

ダイエットの中心となるのは、なんといっても食事制限です。健康のための減量で健康を損ねることのないように、エネルギーは抑えても、バランスやリズムを守って食事を摂ることが大切です。

 

食事制限の減食といっても、ただ食事を減らすというものではありません。タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの必要な栄養素を十分にとりながら、エネルギーだけ減らすのが、食事制限ダイエットのポイントです。

 

そのためには、食べずに我慢するのではなく、考えて食べることが重要になってきます。考えて食べれば、減量中でも食べていけないものはないのです。

 

日常生活を送りながら自分で行うなら、1日1300キロカロリー程度までの食事制限にとどめ、栄養バランスを考えて食べるようにします。

 

 

1日3食規則正しく食べる。栄養バランスとともに、食事のリズムにも注意が必要です。減食というと食事を抜く人がいますが、これは間違った方法になります。

 

エネルギーは抑えても、体脂肪の溜まりやすい状態をつくり、食事制限の効果も低減してしまいます。

 

1日の総エネルギーを3食に分けて、規則正しく食べたほうが、減食の効果も高く、健康にもよいのです。

 

ちなみに、夜食はいけないとよくいわれていますが、空腹のままでは眠れない人も多くいるでしょう。しかしこれは習慣ですので、

 

夜食の習慣のある人は、夕飯を早くして寝る前の時間を多くとると、お腹がすいて大変だろうと思われるかもしれませんが、ある程度の時間が過ぎると、かえって食欲は落ちてくるものです。

 

慣れるまでは大変でしょうが、温かい飲み物などを飲んで、お腹をなだめるのもいいでしょう。ただし、低カロリーのものにしましょう。


更新履歴